好きな人が夢に出るのは一体なぜ?たった一つのことを心に留めておくだけでOK!

好きな人が夢に出るのは一体なぜ?たった一つのことを心に留めておくだけでOK!

自分が密かに好きな人、その彼がなぜか夢に出るとやっぱり気になるものだ。

好きな人が夢に出る、そして自分に好意を寄せたり逆に嫌ってきたりする、といういろいろなケースが考えられる。
だが、なぜそんな夢を見るのだろうか、と考えた場合、いろいろな妄想が浮かんでくる人も多いはずだ。

夢に出るのは自分のそういう潜在的な願望が表れている、などということもよく効くけれど、好きな人だからこそそういう夢に出るとよけい気になってしまうもの。

なぜ華と言うことを考えながら、そういう夢を見た場合、自分自身としてはいったいどうしたら良いのだろうか?

Sponsored Link

「なぜ夢に出るの?」という自分にぴったり当てはまる解釈ってある?

好きな人だから、なぜかはともかく、夢に出るならぜひ出て欲しい、と言う人もいる。
もちろんそう言う時には、夢に出る好きな人とラブラブな関係になって欲しい、と言う願望がない交ぜになるものだ。

だが、なぜそういう夢を見るかについては諸説あったりするし、過去現在といろいろな心理学者や占いの人が謎を解き明かそうとしている。

だが、たとえばだが好きな人が夢に出る、出てこないということはさて置き、貴方が見た夢の解釈として、これが正しい、これに間違いない、という「正確な判定」を誰が下してくれるだろうか?

あくまでも夢というのは現実ではない、その人の潜在意識や願望、そして中にはスピリチュアル的な作用も加わっているとされている。
だから、よくよく考えればどんな人も自分の夢の解釈、はっきりと隅から隅まで性格に分析するのは不可能なはずなのだ。

ただ、それでも好きな人が鮮明な形で夢に出る、朝まで覚えていたりする様な時にはすごく現実味があるし、その時こそやっぱり
「なぜ私はこんな夢を見たんだろう?」
みたいな不思議な感覚が出て来るものだ。

そしてそういう夢とともに、いわば自分の夢を様々に言われている解釈、占い師や心理学者の諸説に照らして、ああこうなんだ、と納得するまで探すものだ。

だが実のところはそういうわけで、好きな人がなぜ自分の夢に出るのか、その謎は永遠に謎と言ってよい。
はっきりしているのは、そういう夢を見るほどに、貴方の気持ちがその男性へと向かっていること。
これだけが残ってくるはずなのだ。
夢

夢の受け止め方はこうすると良い!

ところで、そういう風に大まかにまとめて見たけれど、実際には確かに好きな人が夢に出ると、なぜかをめぐっていろいろな解釈があることも確かだ。

まず夢の中で好きな人とケンカしたり振られたり、あるいは浮気されたりなどする時には、自分の不安やおびえが表れていることもあれば、そういうシチュエーションが現実にもある時、それを夢の中で繰り返して不快な気持ちをはき出していたりもする、と私は考えている。

逆にその男性と楽しくデートしたり旅行に行く、結婚するなどの場合にはストレートに自分の願望として現れている場合が多い。

もちろんこれも実際にそういうことがあったような場合、その時の楽しい記憶が夢となって繰り返している場合もあるだろうけれど、その中にもやっぱり自分の彼氏への思いが込められているはずだ。

以上は私の経験上からそういう種類の夢を見た時、その後の彼氏との進展についてを絡めて感じた経験則のような解釈になる。
経験則だから私個人のものになるけれど、おそらく他の方たちも同じだと思うし、お読みになれば分かると思うけれど、一つの夢のパターンに二通りの考え方があるはずだ。

だから夢をめぐっては、どんな解釈が正しいかと言うことはあくまでも推測でしかない。私はそう考えて良いと思う。

問題は、あくまでもそういう解釈とかではなく、なぜそういう夢を見てしまったのか、と言うことに絞った方が良いと考えるのだ。

なぜかというと、夢の内容をあくまでも現実の生活や彼氏との関係に役立てるために大切になる。
そう思うからだ。

Sponsored Link

夢はあくまでも現実の恋愛や生活の役立ちのために

好きな人が夢に出る、そして楽しいこと、悲しいことが夢の中で起こったりする。
そういう時、なぜそういう夢を見たのか、恐らくは誰も分からないのではないだろうか。

それよりもむしろ、貴方としては好きな人と現実にどうして行きたいのか?
それを考えてみた時、彼氏が夢に出ることを逆に利用する形で、貴方と彼氏との関係を実りあるものにしていければ一番良いのではないだろうか?

たとえば彼氏とケンカした、別れてしまった夢を見た、その時貴方はおそらく夢から覚めた後もしっくりしない気持ちがモヤモヤ続くはずだ。

しかしながらそのままでは現実に好きな人との関係にヒビが入ったり、なまじ夢に出る好きな人とのそういうトラブルがなぜ出てきたのかを詮索するあまり、彼氏に対して変な疑いを持ったりすることだってあり得ないことではない。

そうなるとなまじ見た夢のせいで、彼氏との関係がぎくしゃくしてしまうこととなってしまうだろう。
それで果たして良いのか?
私がお伝えしたいことはこの点だ。

好きな人が夢に出るときには、どんな形や関係であれそれは夢の中のこと。
なぜ華を問うまでもなく、ある意味自分の弱い心がそういう夢という中に投影されてしまったとも言えるにちがいない。
花束
だから対処方法としては、良い夢だったらそれを素直に喜んで、現実の彼氏との関係をよりよいものにしようとがんばれば良い。

そして悪い夢を見たのなら、ある意味の警告のようなもの、ととらえてしっかりと勇気を持ってそれを乗り越えようと努力すれば良い。

夢というのは、現実に似ているようでいくらでも自分の隠れた願望や喜怒哀楽の気持ちが出やすくなるものと言える。
その夢に振り回されるのは最も避けるべきだろう。

あくまでも今、目が覚めて現実に生活している私たちこそがしっかりとした心を持って過ごすべきだ。

夢の中の出来事は、それを補い、そして生活や将来の中で役立てる、そういうポジティブな思考をもつこと。
もしも良くない夢を見たとしても、そういう気持ちでぜひ乗り切っていただきたい。

小谷祥子

Sponsored Link